社会保険労務士のDVDには過去問専用の逸品もアリ

社会保険労務士, DVD, 過去問

社会保険労務士のDVDにもいろいろな違いがあります。
「DVDを使うほうが社会保険労務士の勉強がやりやすくなる」という噂が流れたこともあったのでしょうか、 各社が社会保険労務士のDVD市場に参入するようになり、特色をあれこれとつけて売り出すように なったためです(おかげで、こういった比較のページも必要になってきてしまいましたが)。

社会保険労務士のDVDは通常は、試験に必要な勉強範囲をくまなくカバーしていることが多いですし、 普通は基礎からはじまるようになっています。そうでないと、未経験の受験者はついていけませんからね。
ただし、社会保険労務士の試験では通常の講座だけを受けていればいいというわけでもありません。
社会保険労務士の合格者を調べていると、「過去問をがんばった」という声がよく聞こえてきます。
過去の試験問題を研究していくと、問題を正しく解くコツがわかるからなのですが、 社会保険労務士のDVDの中にも、その過去問の役割に着目して成功している例があります。

過去問は基本的には、問題集を開いて地道に解いていくものですが、社会保険労務士のDVDの中には その作業をしっかりとヘルプしてくれるすぐれものもあるのです。
もちろん社会保険労務士の過去問や予想問題が載っている問題集は別にありますが、DVDを専用につくってあって、 問題集の中身と連動しながらいろいろなことを教えてくれるのです。
そして、問題を実際に解くという練習をしっかりとさせてくれる効果もついてくるのです。

有名な、過去問対策専用の社会保険労務士のDVDといえば以下になるでしょうか。

■フォーサイト
科目ごとに分けられた問題集に加えてDVD等の手厚い資料がついてくるシリーズです。
退屈になりがちな社会保険労務士の過去問のやり込みも、DVDが絶えずアドバイスしてくれることで だいぶ楽になりますし、面白みを見出しながらやっていくこともできるようになります。
約50000円未満で買える上に、基礎講座と一緒に買うことで安くなるチャンスもあります。
■大栄総合教育システム
大栄総合教育システムでは、「本科講座」のほかに「答練講座」をやっていることで有名ですね。
問題を実際に解くことができなければ、本試験では通用しないことを念頭に置いたカリキュラムです。
社会保険労務士のDVDの通信講座では、「本科講座」と「答練講座」がセットになっていると思われますが バラバラにできるかどうかも相談の余地があるでしょう。

社会保険労務士の過去問のDVDは特にひと通りの基礎の勉強が終わったら、 重宝することになるでしょうから、最初はなくてもあとから用意できるようにしておくといいでしょう。


>>講義DVD、テキスト、過去問がすべてリンクした効率の良い勉強法なら