社会保険労務士のDVDが他の通信講座よりいい理由

社会保険労務士, DVD

社会保険労務士のDVDは、通信講座の方法の中でも特にメリットが多くて、 不特定多数の受験希望者に向けておすすめしやすい勉強方法です。

社会保険労務士の通信講座にもいろいろな種類があって、DVD以外の教材もたくさんあります。
通信講座といったら、普通は与えられた課題に取り組んで、それを返送して添削を受ける仕組みが基本ですし、 その仕組みの上に今ではDVD、そしてCDやカセット、さらにはダウンロード型データといった デジタルの教材があるわけです。ダウンロードと重なりますが、Webから配信される映像を視聴しながら 受講する方法も一般的になっています

この中で、DVDによる社会保険労務士の受講はひときわ目立っています。
DVDの場合、安定した映像を再生することができますし、しかも講義を止めたり戻したり飛ばしたり、といった 操作もとても簡単にできますね。社会保険労務士のような難解な科目を受講するのですから、このDVDの 特性はとても助けになります。
Web配信の質も近年はどんどん上がっていますが、それでもDVDに比べると不安定さがありますから どんな環境でもOKだとはいえません。またCDやカセット等の場合、音声だけのことも多く、 音声は持ち歩く分には便利なのですが、普段部屋で勉強するときは講師の顔が見えず、何かを書いて 説明してもらうこともできませんからやりづらさが残ります。

ですから、社会保険労務士の通信講座を受講するならDVDがいちばん使いやすいという結論になります。
DVDは再生する機材も今では高価ではありませんし、どんな人にとっても操作は単純明快ですよね。

ここで、社会保険労務士のDVDについて、全体で共通しそうな注意点を書いておきましょう。

  • 社会保険労務士のDVDを選ぶコツとして、まずDVDが添え物でなくメインの教材になっているところのほうが得をします。DVD型の教材といっても、テキストや問題集が各種ついてくるわけですが、DVDが1枚2枚あるだけの教材の場合、DVDの強みをじゅうぶんに発揮できません。
  • DVDの講義内容も重要です。学校の講義をただ撮影しただけの場合と、DVD用に講義を撮影している場合があります。前者の場合は、特に人気のある講師の講義に思い入れがある人には有意義かもしれませんが、教室内の雑音が入ってしまったり、黒板の字が読みにくかったりといった欠点もつきものです。
    専用のスタジオで撮影していると無駄がないですし、電子黒板等で板書が表示されることが普通です。

1.と2.の両方にあてはまるDVDを出しているのは、たとえば「フォーサイト」「ヒューマンアカデミー」「LEC」 といった通信講座でしょう。これらの通信講座では、社会保険労務士の講義を洗練されたDVDのシリーズで たっぷりと教えてくれます。


>>講義DVD、テキスト、過去問がすべてリンクした効率の良い勉強法なら